フレフレマタニティ

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

【妊婦健診レポート①】第1回、3ヶ月健診(初期健診)

妊婦健診レポート①と書かれた画像

画像素材: by Unsplash

妊婦健診、いつ何を検査するの?を各回ごとにレポートしていきます!

 今回は健診第一回。母子手帳を持って、初めて「妊婦さん」として健診に行きます。

 

※なお検査内容等は病院や自治体によって異なりますので参考情報とお考え下さい。

妊婦健診で毎回行う検査

妊娠週数に関係なく毎回行う以下の検査項目。これらも今回から開始!

  • 尿検査(尿糖、尿タンパク)
  • 血圧測定
  • 体重測定
  • エコー検査

私の通う病院の場合、病院に到着してからまず尿検査→血圧測定→体重測定、までを終えてから婦人科で受付となります。

エコーはもちろん診察室で先生に診てもらいます^^

第1回健診の時期、検査内容

時期

~11週目。

検査内容

いわゆる初期検査。具体的には以下でした。

①血液検査で以下の項目等をチェック
  • 血算検査
  • 糖尿病の検査
  • 血液型
  • 抗体
  • HTLV-1
  • 感染症(風疹、B・C型肝炎、エイズ、トキソプラズマ、などなど)
②子宮頸がん検診

子宮頸がんの有無の検査。「子宮頸がん細胞診」というらしいのですが、結構痛かったです…。

 

これらの初期検査の結果は1週間後くらいに郵送で送られてきました。

以前から大方の検査と予防接種は済ませていたのであまり心配していませんでしたが、無事「問題なし」でした。

エコー検査で大きさチェック→週数確定

そして今回もエコー検査。

この時の赤ちゃんは小さな雪だるまのような、二頭身の形に見えました。

エコー写真はこんなかんじです。黒い楕円形が胎嚢、中の雪だるまが胎児さん。

エコー写真の画像
正直、まだまだ人の形には見えません。

 

先生からは、

ダンゴムシくらいの大きさですよ♡

 

と言われました。ダンゴムシ。その大きさとは、18.7mm。

 

 

さて、私の場合はこの日の大きさから予定日が確定しました!

実は今まで言われていた予定日は生理周期による概算。9週目の赤ちゃんの大きさ(20mmほど)には個人差がないので、このくらいの大きさにはなったときを9週目として予定日を再計算します。

無事、真冬のとても寒い時期の予定日が確定しました^^;

質問と回答

健診の日は、日頃の疑問を医師に聞けるチャンス!

前回同様聞きたいことをメモして臨みました。私の質問と、通っている産婦人科の先生(40歳くらいの女医さん)の回答が以下ですのでご参考まで。

Q. 出生前診断は受けるべき?

30過ぎているのでダウン症など先天性の障害が心配です…。検査はした方が良いのでしょうか?(質問というか相談です。)

 

A. 実際Marikoさんの年齢(30前半)で出産する人は多いです。最近のお産全体から見るとリスクが高いわけではありませんが、もちろん同じ年齢で検査を受ける方もいらっしゃいます。

NIPTは自費なので20万円かかりますし、うちの病院ではできないのでご自身で探して頂く形になります。受けられるのは35歳以上とされていますが、自費ということから希望すれば35歳未満でも受けられる病院はあります。

 

Q. 赤ちゃんの首の後ろの隙間を見てダウン症診断できると聞きましたが…

 A. NT(Nuchal Translucency、赤ちゃんの首のむくみ)のことですね。

実際にダウン症の赤ちゃんの場合手足や首がむくんでエコーで確認できることがありますが、軽度のダウン症の場合は確認できません。またダウン症でなくても生理現象としてむくむこともあります。

さらにNTと診断する基準の数値がありますが、エコーでそれを正確に測るのがそもそも難しく、かつわずかな誤差でも判定が変わってしまいます。

ですのでNTを参考にしてダウン症の判定をすることは考えない方がよいです。

(私は当初NTがあったら羊水検査へ進む、なのかと思っていましたが間違いであるとわかりました。)

 

Q. 「安定期」とはいつですか?

A. 私はちょっとわからないです…。

とのご回答。これには正直驚きました。俗に言う「安定期」は16週目以降ですが、「妊娠中に安定期は無い」というスタンスの先生も多くうちの先生はそのタイプでした。

 

Q. 安定期に入ったらインドネシアに一度帰宅する予定ですが大丈夫でしょうか。

A. 医者としては賛成できません。

妊娠中の海外旅行(マタ旅)は基本的におススメしていないので、行くならば自己責任です。理由は、

  • 飛行機の中で体調の急変に対応できないこと
  • 現地で何かあった場合、医療面に不安があること
  • 海外での医療は費用が高額になること
  • さらにインドネシアであれば現地の感染症が心配であること

とのことで、真向否定でした。

 

もし行く場合、医療費に関しては妊婦さんでも入れる海外旅行保険が一社だけあるので見てみると良いのでは、とのご意見。

実際にはAIG損保の保険で加入できます。(ただし「旅行期間1ヶ月未満」が条件なので私は対象外でした。)

 

今回はこれらの質問をして終了です。

 まとめ

この時点ではまだお腹も大きくなっていないし、胎児も人間らしい形をしていない為なかなか妊娠しているという実感を味わえていません。

ですが必要且つ大事な検査をして、赤ちゃんの成長を確認して…少しずつですが歩を進めていると感じられました。

次回はまた1ヶ月後になります