フレフレマタニティ

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

【妊婦健診レポート②】赤ちゃんが動くのを確認できる!4ヶ月健診

妊婦健診レポート②と書かれたタイトル画像

画像素材: by Unsplash

妊婦健診、いつ何を検査するの?を各回ごとにレポートしていきます!

今回は健診第二回。4ヶ月に入った頃の健診です。

 

※なお検査内容等は病院や自治体によって異なりますので、参考情報とお考え下さい。

検査内容

今回は健診で毎回行う以下の検査内容のみで、特別な検査はありませんでした。

  • 尿検査(尿糖、尿タンパク)
  • 血圧測定
  • 体重測定
  • エコー検査

これらで異常が見られないかを確認し、プラス問診、という形。子宮底長の確認はまだありませんでした。

エコー検査、初めて赤ちゃんが動くのを確認!

13週でも確認できました

今回は13週(妊娠4ヶ月)時点での健診でしたが、初めて赤ちゃんが動くのをエコーで確認できました。

それも「ゆっくり手や足を動かす」ではなく「両手両足をバタバタと激しく動かす」といった感じです。この週数でこんなにも大きな動作が見られるとは想像もしておらず、驚きました。

前回1か月前の健診時はまだ雪だるまのような形でしたので、それを思うと飛躍的な変化です。

 

↓こちらが前回。横向き雪だるまさん。

エコー写真

↓こちらが今回。人間らしくなってきました。

f:id:Mariko154:20180906160300j:plain

家族の健診同行のススメ

今回は母も診察室に入って一緒にエコー画像を見させてもらったのですが、やはり動くのを見るのは面白いようでとても喜んでくれました。

母は健診から帰ったあとも、「赤ちゃんが動く様子が目に焼き付いていて、思い出すたび可愛い」と言っています。

ですので可能であれば、プレパパさんも健診に同行してエコー画像を一緒に見るのは非常にオススメだと思いました!夫婦ふたりの思い出になるし、パパになる実感も早めに芽生えてくれるかもしれませんね♪

「赤ちゃんが小さい」と言われたら?

エコー検査の際に赤ちゃんの大きさを測るのですが、実は今回「赤ちゃんが少し小さい」と先生に言われました。

この頃(13週)の赤ちゃんの平均的な大きさは8~9cm程だそうですが、それに対し我が子は5cmほど。確かにちょっと小さい。うまく成長できていないのかと不安になり、先生に聞きましたが特に心配はないそうです。

このまま大きくならないのであれば異常が認められますが、赤ちゃんが成長している限りは問題なし、とのことでした。

思えば私も夫も日本人の平均よりも「少し小さい」ので、我々夫婦の子らしい!と考えることにしました。

まとめ

4ヶ月目の健診は特別な検査はなく「経過が順調か確認する」内容でした。

先生はエコー動画を見ながら心臓が動いているか、背骨がきちんとしているかなど、形成異常の有無の確認をしているようでしたが、妊婦側としては動いている我が子を見られて楽しい健診となりました。

 

ところで、前回の健診から今回の健診までの間隔は1ヶ月。その間お腹の中の様子は自分でもわからない為、実は赤ちゃんが無事なのかしばしば不安な気持ちになっていました。その為エコーを通して元気な姿を確認でき一安心もできました。

【関連記事】長く感じる健診と健診の間の1ヶ月間。その過ごし方を考えてみた。 の記事はこちら

今後は今までの健診と違い赤ちゃんの動きを確認できるので、毎回の通院を楽しみに臨めそうです。