フレフレmama

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

【妊婦健診レポート⑨】35週、急きょ入院!羊水過少&赤ちゃんが小さいため管理入院になりました

f:id:Mariko154:20190113161536j:plain

今回は健診9回目。35週での健診ですが、この日の検査結果で急きょ管理入院することになりました。

検査内容

検査内容はいつもの通り。

  • 尿検査(尿糖、尿タンパク)
  • 血圧測定
  • 体重測定
  • エコー検査
  • 腹囲計測
  • 子宮底長計測
  • むくみのチェック

エコー検査。体重は増えている?

いつも通り横になり腹部に機械をあててエコー検査をします。

赤ちゃんの推定体重はこのエコーの検査でわかるのですが、今回は今までで一番ドキドキでした。

 

前回33週で我が子の体重はおよそ1500g。それから二週間。わたしなりに栄養バランスに気を付けてご飯をたくさん食べ、ストレスなく過ごしたつもりですが、果たして赤ちゃんは大きくなっているのでしょうか。

 

結果、今回35週1日での体重は1700gでした。

 

2週間で200gほど成長してくれてはいますが、この週数相当の体重は1,950~2,700g。

300gほど下限を下回り、週数でいうと4週間ほどの遅れのようです。

 

※資料によってことなると思います。

さらに羊水が少ないことが判明

またお腹の中の羊水の量も、同様にエコー検査で診ることができます。

 

実は、私は1ヶ月ほど前の健診から「羊水が少な目」と言われていました。しかし入院管理するほどの少なさではないと言われていたのですが、ここへ来て急激に量が減ってしまったらしく、先生から指摘がありました。

 

「羊水が少ないですね…赤ちゃんの体重が少ないことも考えて、今日から管理入院しましょうか。」

 

赤ちゃんの体重と羊水量は前々から心配の種ではありましたが、ついに医師から管理入院するようにと言われてしまいました。

入院の理由と今後の方針

入院の理由は、上の通り赤ちゃんが小さい為、また羊水が少ない為。

 

もともと逆子なので37週での帝王切開を予定していましたが、万一それまでに今よりも羊水量が減ったり、成長が止まるなどして赤ちゃんが苦しい状態になった場合、37週を待たず即座に帝王切開できるようにする、というのが今後の方針です。

 

つまり、出産まではずっと入院生活をすることになったのです。

 

なお羊水過少と赤ちゃんが小さいことの原因はハッキリとは分からないそう。

ただしエコーで見る限り胎盤が小さいので、そのせいかもしれないと言われました。

 

突然の入院決定、でも逆に安心?

エコー検査のあと、念の為NSTを行うことになりました。

NSTとは、お腹に機械を装着し一定時間赤ちゃんの心拍とお腹の張りを観察する心電図のようなモニター。私の病院では40分間測ります。

 

この40分の間、ベッドで横になり赤ちゃん心音(←やたら元気でしたが)を聞きながら、ぐるぐると思いをめぐらせていました。

 

羊水も少なく大きくもなれないようなお腹の環境で赤ちゃんに申し訳ないと思いつめてしまったり。

 

入院管理になるということはつまり「順調ではない」のだと、悲しくなったり…。

 

でも考え方を変えれば、入院して常に赤ちゃんの状態を専門家に見ていてもらえるということは、これ以上安心なことはありません。

 

私の家は病院まで車で40分の距離です。これから冬本番、大雪の日に何かあって自宅から病院に駆けつける、なんてことを考えたら入院している方が安全です。

 

幸い出産前にやり残したと思うことももう無いですし、自宅にいてもブログを書くくらいしかやることはないので、寧ろ病院にいた方が捗ります。

 

さらにさらに、実家にいると長期間両親にお世話になっていることが申し訳なく恐縮していたので、病院でお金を払って居させてもらう方が気楽かもしれません。幸い保険にも入っていますし。

 

現状私も赤ちゃんもとても元気です。

また先生曰く、たった今生まれた場合保育器のお世話にはなるものの、命は助かるし合併症のリスクも無いとのこと。

 

だからきっと大丈夫。

 

そんなことを考えていたら、40分の間にどんどん前向きになれてきました。

その日のうちに入院!

健診は午前中だったので、幸い入院前に一度自宅へ戻り荷物を取ってくることができました。

 

事前にある程度入院バッグの中身を揃えておいて本当に良かった!!

洗面道具やパジャマ、スリッパなど、あっという間に準備は完了し、言われた時刻までに病院へ戻ることができました。

 

荷物も、気持ちも準備万端!なんだか前向きな気分で病室へ入ることができました。

今後の健診は入院病棟で

ということで、今後出産までは入院生活を続ける予定ですので、通常の外来での妊婦健診を受けることは無くなります。

 

 

突然ですが「妊婦健診レポート」シリーズの記事は今回が最後になります。

 

今後は入院日記で病棟内での妊婦健診のこともチラチラ書いていこうかなと思います。