フレフレマタニティ

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

ジャカルタでマタニティ用品を買うならMothercare!品揃えや価格帯は?

Mothercare店頭の写真

安定期をインドネシアで過ごし始めて1ヶ月。お腹も大分大きくなってきたので、サポートベルトを買いにMothercareへ行ってきました!

Mothercareについて

Mothercareはイギリスのベビー・マタニティ用品店。日本未上陸ですが、ジャカルタ市内には10店舗以上とかなり沢山の店舗数があり、大きなモールだとパシフィックプレイス、スナヤンシティ、ポンドックインダモール等に入っています。

 

↓こちら、googleマップで「Mothercare ジャカルタ」で検索した結果です。どのエリアに住んでいても近くに店舗がありそうです!

今回私がおじゃましたのはスナヤンシティモールの4階にあるMothercareです。

店内の様子

まず入口がこちら。 

Mothercare店頭の写真

ジャカルタのモール内は初めて行くお店を探すのが難しいですが、この濃い青色の看板を覚えておくと見つけやすいです。

 

※ちなみに、googleマップには建物内の地図を表示してくれる「インドアマップ」という機能があります。建物を拡大すると左下に階が表示されます。それぞれの階をタップするとその階の地図が見られるというもの。ジャカルタの大きなモールは大体対応していますので、お買い物の際とても便利ですよ!

f:id:Mariko154:20181024130206j:plain

 

入口を入るとすぐあるのがベビー、キッズ服でした。赤ちゃんの肌着からキッズサイズまでなかなか種類豊富です。

f:id:Mariko154:20181024130554j:plain

f:id:Mariko154:20181024130651j:plain

f:id:Mariko154:20181024130724j:plain

店内は"Feeding", "Bath time", "Bedding"といった具合にシーン別にコーナーが分かれており、商品を探しやすい工夫がされていました。 

f:id:Mariko154:20181024131240j:plain

↓こちらBath timeコーナー

f:id:Mariko154:20181024131327j:plain

↓Beddingコーナーです。

f:id:Mariko154:20181024131301j:plain

マタニティ用品の売り場

サポートベルト等

マタニティ用品コーナーは、店内一番奥の壁沿いにありました。ベビー・キッズ用品と比べるとエリアは小さめですが、必要最低限のものはあるといったかんじ。

 

今回私が購入したのがこちらのサポートベルト。made in Chinaのイギリスメーカー商品。お値段はRp290,000(2千円強くらい)と案外お手頃でした!

f:id:Mariko154:20181024131516j:plain

もう一つ、お腹を全面覆うタイプで1万円以上するもの(レンジでチンするホカロン付)もありましたが写真のものにしました。

 

ベルトの巻き方は店員さんが教えてくれましたし、試着室もあるのでそちらで試すこともできます。お腹にフィットして腰が楽になることを確認でき、納得のお買い物ができました!

ストレッチマーククリーム等

クリームやオイルなどのケア用品はレジ前の棚にありました。赤ちゃんのケア用品等と一緒に置かれています。

↓分かりにくくてすみませんが、赤枠内が妊婦用のケア用品でした。

f:id:Mariko154:20181024132348j:plain

価格帯

Mothercareで販売している商品はインドネシア産のものではなく主にイギリスメーカーの輸入品です。それゆえに日本の百貨店ほどの価格帯を覚悟していたのですが、実際に行ってみるとそんなことはありませんでした。

私の購入したサポートベルトは日本の赤ちゃん本舗などで買うものと同じかむしろ少し安いくらいです。

ただしそれ以外の商品(ベビー服やベビーバスなどを見た感想ですが)は赤ちゃん本舗や日本のネット通販などよりはやや高いといった印象でした。例えばロンパース3枚セットでRp479.000(3,500円程度)などです。

いずれにしても、モールで可愛く清潔な商品を高額でない価格で購入できるのは非常に有難いです。

まとめ

おそらくMothercare以外にもマタハリやパサールに行けばもっともっと安く商品を購入できると思います。ですが品質やコスパ、アクセスを考えるとMothercareは駐在妊婦の強い味方と言えそうです!