フレフレmama

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

【帝王切開、入院レポ⑥】術後6日目の記録。搾乳のコツをつかみ始める。

f:id:Mariko154:20190201163557j:plain

2019年2月、逆子による予定帝王切開で長男を出産致しました。そこで、帝王切開後の入院生活をレポしていきたいと思います!

今回は術後6日目について。(手術当日を術後0日とカウントしています。)

 

※記事中の【痛さレベル】は10(経験したことが無いような激痛)がMAX。あくまでも私個人の感想です。ちなみに過去体験した「胆石発作」、「背骨の骨折」は7くらい。

 

2/10(日)術後6日目

5:00 搾乳。自力で10ccほど搾れる。

 

6:45 体重測定(46.5kg)採血。これで問題なければ、入院中最後の採血になる。今まで妊娠中から苦手な採血を何度も何度も受けてきたが、これでついに終わると思うと感慨深い。

 

授乳のため、GCUスタッフに呼ばれる。右乳首が切れ気味といわれたので、右5分、左7分と短めの授乳に。しかしなぜか22cc飲めてた。

残りを瓶哺乳しようとしたが息子がおネムになってしまい断念。あとでGCUの方が飲ませてくれるそう。

 


9:30 当直医の診察。採血に問題がなかったと報告された。また傷口を確認してもらい、こちらも問題ないことを確認。これで明日の診察で、明後日退院できるかが判断される。けど、私の場合は息子くんがGCUに入院しているので、彼の退院に合わせて私の入院も延ばすかも。 


10:00 始めて自分で息子の沐浴をする。助産師さんに見てもらいながら昨日教えてもらったとおりお風呂に入れる。手順は完璧に頭に入っているが背中を洗うときに赤ちゃんに騒がれるのでちょっと焦る。信じられないくらい腰にくる。

 
沐浴の際に計った息子の体重は2147g。減っとる。

 
10:15 授乳。湯冷めしないようにタオルでくるみながら直母。16cc飲んでくれる。また瓶哺乳30ccも全部飲む。お風呂後でお腹が減っていたそう。

 


ところで病院で使っている哺乳瓶は息子くんも気に入っているようなので退院後同じものを買いたいと、助産師さんに「どこのメーカーのですか?」

と聞いたところ「赤ちゃんの退院前に使って頂きたい哺乳瓶のサイズなど、お教えしますのでそのときに。今の段階ではまだ変わる可能性があるので、もう少ししてからお伝えします。」と言われた。

そういうものなのか。

 


13:00 昼食後お腹が痛くなったので痛み止めをもらう。【痛さレベル: 4】ご飯を食べると少し痛くなる気がする。

 
13:30 授乳。直母で24cc飲めた!

 

16:15 授乳。22cc飲む。瓶哺乳中に寝落ち。息子が便秘気味だったので綿棒を使ってウンチを促す方法をレクチャーしてもらう。ワセリンを綿棒につけて肛門を刺激するとドバッとウンチャンが出てきた。 


17:00 シャワーを浴びる。昨日はビクビクシャワーしたけど、今日はふつうに浴びた。別に傷が痛むようなこともなし。

 

19:15 授乳。30分かけて20ccを飲ませる。

 
22:40 授乳。前回たくさん飲んだので今回はあまり飲まず。

 

この日、術後初めて痛み止め無しで夜寝付くことができた。


2:00 搾乳。1時半に起きるつもりが起きれず助産師さんに起こされる。「分泌量を増やすためには搾乳の時に量を搾ることも大事!」と言われ、いつも10ccくらいのところ30cc搾られる。

 
「夜初めて痛み止め無しで云々!」と思ったのもつかの間、真夜中に激しい後陣痛で結局痛み止めをもらう【痛さレベル:7】思わず顔が歪み、身動きが取れないほど痛い。

切開された傷の痛みとは全く違う、いかにも内臓が痛い、という痛み。

 
5:00 搾乳。今まで張っている部分を自力で解消することができなかったけど、なんとなくコツを掴み、できるようになった。呼んだ助産師さんには確認をしてもらうだけ。自力で張りをとり、「これでOK!」と言ってもらえる。

 

<翌日に続く>