フレフレmama

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

【入院日記】羊水過少&胎児発育遅延で管理入院中-⑭日目、家族同伴で手術の説明を聞く

f:id:Mariko154:20190115104048j:plain

2019.1.24

入院14日目。家族同伴で帝王切開の説明がありました。

 

私の病院では、予定帝王切開の場合は事前に家族同伴で主治医(=執刀医)から手術の説明があります。

基本的には夫が同席するものですが、いない場合はその他の親族になります。

 

うちは夫が海外駐在中なので両親に来てもらい、夫には後日同じ説明をSkypeでしてもらうことになりました。

 

今日が両親への説明の日。

 

両親二人が病院にやってきて、一緒に診察室へ。

そこに先生が待っていて、まずは一緒にお腹のエコーをみました。

 

赤ちゃんの推定体重は2,257g

3日前から40g増加、そして羊水量もキープです。

 

良かった!

 

その後、そのまま診察室で帝王切開の説明になりました。

内容は、

 

・手術の日時、流れ

 

・お腹を縦に切って抜糸不要の後で縫合すること、

 

・麻酔(硬膜外、腰椎)を使うこと、

 

・輸血をする可能性があること、

 

・輸血の場合、ごくごくわずかな確率(10万回に1回ほど)で感染症にかかる可能性があること、

 

・手術の合併症(出血、足のしびれや頭痛、血栓など)の可能性があること、

 

でした。

 

それらを了承した旨、書類にサインをして終了です。

 

 

私は当初、

「最悪、母子ともに亡くなる可能性があります。」

くらいのことを言われると思っていたのですが、流石にそのような話はありませんでした。

 

 

ちなみに硬膜外麻酔をすると、2日目までは痛みが楽になるそう。

 

それを聞いて痛みへの恐怖が少し緩和された気がします。

 

 

ところでこの日は37週0日。

 

最後に

「手術日までに逆子が直る可能性はまだありますか?」

と先生に質問したところ、

 

「99.9%ありません。」

 

とバッサリ言われました(笑)

 

そろそろ奇跡を信じるのも辞めた方が良いかもしれません!

 

〈続く〉