フレフレマタニティ

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

新幹線は「えきねっと」でお得に予約!最大35%割の「トクだ値」切符がマタ旅や里帰り費用の節約におすすめです

新幹線の写真

マタ旅や里帰りで利用する新幹線。バスや在来線よりも移動時間が短いため楽で便利ですが、少々料金がお高い。

そんなときは、「えきねっと」を使ってお得に新幹線予約をしましょう。上手に使えば最大35%割引で予約でき、通常の自由席よりも安くグリーン車に乗れちゃう、なんてこともあります!

「えきねっと」と「トクだ値」きっぷ

「えきねっと」とは、JR東日本が提供するインターネットサービス。新幹線をはじめとした指定券の予約をネットでできる他、JRで行く国内ツアーの予約なども可能です。

 

この「えきねっと」で購入することができるのが「トクだ値」という割引切符。区間等によりますが、10%~35%割引で新幹線の指定席を予約することができます。

 

例えば東京から軽井沢へ行く場合の片道料金の場合、通常のきっぷと「トクだ値」切符では最大以下通りの差がでます。

 

【東京・軽井沢間料金】

  特急料金 運賃 合計
通常の指定席 ¥3,320 ¥2,590 ¥5,910
通常の自由席 ¥2,800 ¥2,590 ¥5,390
「トクだ値」35%割の指定席 ¥2,150 ¥1,680 ¥3,830

 

普通の指定席と比べると約2,000円の差、かなりお得なのがわかります。

(ちなみにこの区間のグリーン車に35%割引で乗ると計4,830円。通常の自由席よりも安くなってしまうんです!)

 

長野県民で新幹線ヘビーユーザーである私は、いつも「えきねっと」を使い「トクだ値」きっぷを予約して東京に遊びに行っています。

「トクだ値」きっぷが利用できる条件

とても魅力的な「トクだ値」きっぷですが、残念ながらいつでもどこへ行くにも利用可能なわけではなく、条件があります。

①対象区間

対象となるのは基本的にJR東日本の路線と北海道。

  • 北海道新幹線
  • 東北新幹線
  • 秋田新幹線
  • 山形新幹線
  • 北陸新幹線
  • 上越新幹線

また列車によって設定されている割引率などが異なります。

②割引率と販売時期

「トクだ値」には、10%, 15%, 30%, 35%の4種類の割引率があります。

10%, 15%割の「トクだ値」きっぷは乗車日の1ヶ月前~乗車日のAM1時40分まで予約可能。

30%, 35%割の切符は正確には「お先にトクだ値」という名称で乗車日の1ヶ月前~13日前のAM1時40分まで予約可能です。

つまり早く予約するほど割引率の高いきっぷを予約できる仕組みです。

③座席数

これらの割引きっぷは座席数に限りがあります。(具体的な席数は公表されていません。)要は「早いもの勝ち」で、事前に予約をしようとしても売り切れてしまっている可能性があります。

ですので予定が決まったら早めの予約がおすすめです!

 

尚もし普通車の「トクだ値」きっぷが売り切れていたともしても、グリーン車の割引きっぷはそれより長く残っていることが多いです。上述したように、実はグリーン車の割引切符の方が定価の自由席より安いこともあるので、シブシブ自由席を予約する前に確認してみて下さい!

予約の手順と発券方法

では実際にえきねっとから「トクだ値」きっぷを予約する手順をご紹介します!今回はスマホから予約する場合のスクショでご説明します。

①まずは「えきねっと」にアクセス

こちらから「えきねっと」へアクセス。

「スマートフォンのお客様はこちら」をタップしてスマホ版へ移動した方が見やすいと思います。

f:id:Mariko154:20181004115219j:plain

②会員登録

いきなりですが初めに会員登録が必要です。

このときクレジットカードを登録することになるのですが、普段使うカード(いつもお財布に入っているカード)を登録するのがオススメです。

なぜなら詳細は後述しますが切符の発券を券売機で行う際にここで登録したカードを使う為です。そのとき「カードを忘れた」となると簡単に発券できないのできっとパニックになります。

③会員ログインして新幹線を予約

↓こちらからログインします。

f:id:Mariko154:20181004120106j:plain

 

↓新幹線予約は「JR券申込」から。

f:id:Mariko154:20181004120324j:plain

 

↓今回は東京から軽井沢までの切符を予約するので、「上越・北陸新幹線」を選びます。

f:id:Mariko154:20181004120722j:plain

 

↓乗車日と時刻、乗降車駅を入力して「次へ」。時刻はザックリでOKです。

f:id:Mariko154:20181004124156j:plain

 

↓するとこのように設定した時刻以降の列車が候補として出てきます。「開く」をタップし詳細を見ます。

f:id:Mariko154:20181004124239j:plain

 

↓「トクだ値」きっぷの設定があればこのように表示されます。

f:id:Mariko154:20181004124303j:plain

「トク15」というのは15%割引の切符、「トク35」というのは35%割引の切符です。

△や〇は残りの座席数を示しています。私の経験上、△は残り1席であることが多いです。。今回は普通車の「トク35」をタップして選択しました。

 

↓続いて人数と座席を選ぶ画面。人数を入力し、座席は「シートマップ」から選ぶのがおすすめ。

f:id:Mariko154:20181004124403j:plain

 

↓こんな感じです。席を選んだら画面下の「決定」

f:id:Mariko154:20181004124455j:plain

 

↓内容を確認し「以上の内容で申し込む」をタップ

f:id:Mariko154:20181004124529j:plain

 

↓このような確認画面が出てきます。ここに「トク35」の文字があることを確認。

f:id:Mariko154:20181004124838j:plain

 

↓問題なければ下へ進んで「同意して申込を続ける」をタップ

f:id:Mariko154:20181004124904j:plain

 

↓また確認。ここで初めて料金が表示されます。下へ進んで「購入手続きへ進む」へ。

f:id:Mariko154:20181004124925j:plain

※なお「トクだ値」きっぷは乗車券と特急券がセットになっており分けることはできません。 

 

↓注意事項を読んで問題なければ「同意する」にチェックし、以下ボタンから「新規購入」します。

f:id:Mariko154:20181004124959j:plain

 

これで予約は完了ですが、まだ決済はされていません。

このあと駅の券売機で発券する際にクレジットカードを使うのですが、実際の決済はこの時に行われます。

 

↓なお予約内容の確認や変更は、ログイン→「JR券申込」と進んでこちらから可能です。

f:id:Mariko154:20181004125022j:plain 

④予約した切符の受取り(発券)

受取りは、駅の券売機で行います。駅にある発券機のうち、緑色のマークで「えきねっと予約受取り」と表示されているもの。みどりの窓口やその付近などに設置されています。

この券売機の画面で「駅ねっと予約受取り」を選択し、登録したクレジットカードを挿入すると、そのカードの予約情報が自動的に読み込まれ、予約した切符が表示されます。

内容を確認し、クレジットカードの暗証番号を入力すれば切符が出てきます。

 

この受取り作業、やってみると非常に簡単です。慣れると1分あれば発券できるようになります。

変更とキャンセル

変更は発券前であれば、出発6分前までネット上で可能です。何度でも手数料無料で変更可能ですが、変更後の列車が「トクだ値」設定されていない場合は、割引は適用されなくなります。

発券後の変更はできません。

 

キャンセル(払戻)は発券前であれば310円の手数料で可能です。

発券後のキャンセルは注意が必要で、「トクだ値」の割引率と同じ割合の手数料がかかります。(例:35%割引の切符ならば35%の手数料)

 

つまり発券後の変更・キャンセルはなかなかの痛手となるわけですが、かなり前もって発券しておかない限りそうしたケースは稀ではないかと思います。

私はいつも乗車する直前に乗車駅で発券するので、こうした手数料を払ったことはありません。

プレママ的「トクだ値」きっぷの利点

元来「トクだ値」ヘビーユーザーの私がプレママになって感じるその利点はこちらです。

  1. 安い
  2. 手続きがネットでできて簡単・お手軽
  3. 指定席が取れるので自由席の列に並ぶ必要なし

妊娠中でなくても嬉しい点ばかりですが特にプレママとしては、産前産後なにかとモノ要りな中、快適な交通手段である新幹線を安く予約できるのはとてもありがたいです。

他にもチケットショップや回数券など安く購入する手段はありますが、「えきねっと」からの予約はスマホ一つで手続きが完結するので外出の必要もなくお手軽です。

また指定席が予約できるので、暑かったり寒かったりする中ホームで自由席の列に並ぶ必要が無く、体への負担がありません。

 

発券前であれば自由に変更が可能なので、私は新幹線に乗ることが決まったらすぐに予約をするようにしています。

まとめ

以上、日ごろ私がお世話になっている「トクだ値」きっぷについてのご紹介でした。上手く活用すれば数千円単位の節約となります。新幹線に乗る機会があればぜひ試してみて下さいね。