フレフレマタニティ

プレママさんを応援したい!そんな私のマタニティ生活リアル体験談

頭痛に立ちくらみ、鼻づまりまで?妊娠初期のマイナートラブルとその対処法

ベッドに伏せる欧米人女性の画像

photo: by Unsplash

以前「匂いつわり」に関する記事を書きましたが、妊娠してからの体調変化はそれだけではありませんでした。

今回は私が経験したつわり以外のマイナートラブルと、それにどう対処したかをご紹介します!

<関連記事>【匂いつわり】わたしの体験談とその対処法

頭痛

妊娠中に頭痛に悩まされる妊婦さんは多いようです。特につわりで気分が悪いときの頭痛は妊婦さんにとってダブルパンチ!なかなか辛いものですよね。

私も例にもれず頭痛に悩まされる妊婦の一人。もともと頭痛持ちだったこともあってか、妊娠初期からほぼ毎日頭痛に見舞われていました。

対処法①:どんなとき頭痛が起きるか観察する

どんな時に頭痛になるか、頭痛が酷くなるかをよくよく観察し覚えておくことにしました。

その結果、私の場合スマホを長時間いじっていた後は特に頭痛が酷くなることに気づきました。それから「スマホを見るときは連続1時間まで」と決め、一度休憩を挟むなどして長時間スマホを見続けないよう心掛けました。

結果、それまであった起き上がれなくなるような特にひどい頭痛はほぼなくなりました!

このように自分の頭痛のパターンを観察することで、もしかしたらひどい頭痛を回避する糸口が見つかるかもしれません。

対処法②:産婦人科で薬を処方してもらう

妊娠するまで知らなかったのですが、妊婦さんでも飲める頭痛薬はあって、産婦人科で処方してもらえます。あまり頭痛が酷い場合は健診の時に主治医に相談するのが良いと思います。

私は医師に相談した上で実際に処方してもらいました。なるべく軽い頭痛では飲まないようにしている為あまり頻繁には飲んでいません。ですが、「辛い頭痛が来たとしても常備薬がある」という安心感を持てるようになりました。実はこのように心の支えができたことが処方してもらって一番良かったことだと感じています。

立ちくらみ

私は特に妊娠10~13週頃で立ちくらみに悩まされました。立った瞬間に目の前が白くぼやけて頭がグラつく、あの不快な症状です。

ソファで寝ている状態から立ったときはもちろん、座った状態から立ったときでさえ。妊娠前は立ちくらみなど起こさない体質だったので、これには面喰いました。

対処法①:少しずつでも良いから3食きちんと食べる

これは両親学級で助産師さんに教えてもらったものです。それまで私は朝遅くまで寝ているせいで朝食を食べていませんでした。しかし助産師さんにアドバイスをもらい朝食をとるようにしたことで立ちくらみは劇的に改善し、ほぼなくなりました

当時の朝食はトースト1/2枚にホットミルク、キウイといったもので大した量はありません。また昼も夜も、一人前の量は食べれていませんでした。しかしそれでも効果は絶大でした。

対処法②:よく睡眠をとる

一方、3食たべても立ちくらみを起こすことがありました。それは前日に夜更かしをするなどして睡眠が足りていないときでした。このことから睡眠も大事だと気付き、夜は早めに寝ることを心がけました。

結果、3食きちんとたべる+睡眠をよくとることによって、私は不快な立ちくらみの症状を卒業することができたのです。

便秘

これは妊婦さんの定番トラブルですよね。これに関しては別記事にて対策をご紹介しています!

<関連記事>妊婦さんの便秘対策!試して効果があったもの6つ

体力が無くなる

少し外出しただけなのにすぐ疲れる、スーパーにお買い物へ行くだけでぐったり…なんて声もよく妊婦さんから聞かれます。今まで体力勝負で生きてきた私も、妊娠してから急激に体力が無くなり困惑しました。

 

例えば家の中の階段を昇るだけで疲れてしまうようになりました。また入浴は特に体力がいるらしく、いつもお風呂上りはぐったり状態に…。といった具合に妊娠前は想像もつかなかったほどの体力不足に陥りました。

 

そこで対策として、毎日お散歩という名のウォーキングをすることを心がけています。妊娠初期は2日に1度ほど。妊娠5ヶ月に入った今は体調がだいぶよくなってきたのでほぼ毎日。ただしお腹に違和感があるときは控えるようにしています。

また寝る前に両親学級で習ったストレッチも時々行っています。

妊婦に激しい運動は禁物ですが、お産にむけて体力と筋力はある程度つけておきたいと思っています!

鼻づまり

これもホルモンバランス変化の影響で起こるようです。

私の場合は妊娠14週くらいから、朝方鼻づまりでよく目が覚めるようになってしまいました。

 これに関しては、もともと使用していた点鼻薬があったので起きてしまったときに使うようにしています。念の為、健診の時に主治医にも使って良いか確認をしました。先生からOKをもらえたので安心して使っています。

 

ちなみにそれがこちら、ナザール点鼻薬です。

他にもある、妊娠中の体調変化

その他にも小さなトラブルはたくさんあります。

  • ニキビ(特に顎ニキビ)が増える
  • すぐ眠くなる
  • 車に酔いやすくなる
  • 肌が敏感になる(かぶれやすくなる)

などなど、体のあちこちに不調が。世の中の妊婦さんがこんなに大変な思いをしてたとは、自分が妊娠してみて初めて痛感しました。

まとめ

長年付き合ってきた自分の体ではありますが、妊娠すると思いもよらぬマイナートラブルに次々出会います。そしてそのトラブルの程度と内容は人それぞれ。

ですが自分の体と生活習慣をよく観察したり、周りの方からアドバイスをもらうと、自分に合う対処法が見つかるかもしれません。

長い妊娠期間ですので、工夫しながら上手に乗り越えていけると良いなと思っています!